起業した時のお金と時間

from:高柳 渉

 

お疲れ様です!高柳です。

 

最近、スポーツビジネスを通して、仲良くさせてもらっている方のオンラインでのパーソナルトレーニングを始めました!

 

夫婦で参加させてもらっているのですが、二人とも体の硬さに驚愕しています。。。

トレーニングの次の日に来る筋肉痛がなんだか充実感を増してくれています。

 

そんな筋肉痛の中、今日もお話をさせていただきたいと思います。笑

 

今日は、起業時のお金と時間ということでお話ししていきます。

たぶん、起業したばかりの方やこれから起業を考えている方は、気になる内容なんじゃないかと思います。

 

既に起業されてある程度のビジネスをされている方は、「そんな頃もあったな~」みたいな感じで自分の起業した頃を振り返ってもらえたらと思います!

 

なぜこの「起業した時のお金と時間」というテーマを選んだかというと、起業する時にこのお金と時間のことで悩む人が多いからです。

 

実際に僕も同じように収入のことで悩んでいた時期があったので、自分の経験を踏まえながらあなたにシェアしていきます!

 

起業したらお金はどうするの、、、?

まず僕は、スポーツ教室・スポーツクラブで起業しました。最初の1~2年ぐらいは、起業したことでの収入は全くありませんでした。

 

むしろ、ボールやマーカー、ビブスなどのスポーツ教室で使う備品・事務用品・会場費・WEBサイト管理費・チラシ代などの経費は、クラブの収入だけでは足りず、自ら支払っていました。

 

でも、それでは、生活もできなかったのでいくつかアルバイトを掛け持ちしていました。やっていたアルバイトは、サッカーのクラブチームのコーチ・コンビニ深夜勤務・介護ヘルパーなどです。

 

最初の頃は、起業したサッカースクールが週1回、クラブのイベントが月に1~2回やって、その他の時間を事務作業やチラシ作成・ポスティング、アルバイトをやっていました。

 

この頃の収入は、大体月10~13万円くらいでした。このアルバイトの収入からクラブの足りなかった経費を支払っていました。そして、電気・ガス・水道などの光熱費、奨学金や社会保険料、インターネットやスマホの通信費なども支払いました。

 

正直、この頃は、友人と飲み会などに行くことも全く無く、洋服を買ったり、外食などもしませんでした。すでに、妻と二人暮らしを始めていたので、家賃や食費などは、妻がかなり家計を助けてくれました。

 

何に軸を置くべきか?

もちろん、もっとアルバイトをして、お金を稼ぐこともできました。でも、当時僕が一番に考えていたことが「起業したことで収益を上げること」でした。

 

そのためには、時間が必要でした。サッカースクールやイベントを告知するチラシを作成したり、そのチラシを自ら地域を回ってポスティングしたりしなければいけませんでした。さらには、WEBサイトからも問い合わせが来るようにブログを更新し続ける必要がありました。

 

アルバイトをするとお金は稼げますが、時間を失います。時間を失うとクラブを育てる時間を失ってしまうので、アルバイトは必要最低限にコントロールしていました。

 

そして、経営者として学ぶためにお金を払ってビジネススクールに加入したり、コンサルティングを受けたりなどしていました。これは、本当にやっていてよかったなと思います。お金は使っていましたがしっかりと自己投資していました。

 

このように「いま何に軸を置くか?」ということは、とても重要になります。

 

 

起業 ・ アルバイト ・ 家族や友人 ・ 学び ・ 遊び

 

 

項目は、人それぞれだと思いますが、どのような比重のバランスで取り組むかは、その後の成果に関わってきます。

 

僕も起業したばかりの時、時間とお金の使い方には、悩みましたが、自分が何をやりたいのか?自分がどう在りたいのか?を考えたことでお伝えしたような比重のバランスで取り組んでいました。起業当時の比重のバランスは、成果が出れば変化していきます。

 

あなたも今回お伝えした時間とお金の向き合い方や「いま何に軸を置くべきなのか?」を是非考えてみてください!

 

また起業時のお話をできればと思います!楽しみにしていてくださいね♪

スポーツという手段で独立・起業したい!というあなたへ

もしも今あなたが本気で、、、

・スポーツという手段で独立を果たしたい!

・将来的に今の仕事を辞めて、スポーツで起業して、生計を立てれるようになりたい!

などと考えているのなら今すぐにこのメール講座にご登録ください。

このメール講座では、あなたが理想とする状況であるスポーツという手段を活用して、全くの0から独立・起業するための方法をステップ式でお伝えしていきます。

↓↓↓

※ なお購読を辞めるは、メールに記載してあるリンクをクリックするだけで簡単にやめることが可能です。
おすすめの記事