収入の柱を増やす方法

from:高柳 渉

 

このブログをご覧のあなたは自分のスキルや知識、経験を活かして、働きながらも複業(副業)を始めたい方や既に自分で事業をされている方もいるかもしれません。

 

もしあなたが

 

・今の仕事の収入だけでは、将来不安…

・今後、給与が減らされていくかもしれない。

・コロナの影響で事業の業績が悪化して、売上が下がってしまった。

 

などと、現状の収入や売上に悩んでいる方のための内容となるので、気になっている方は是非、読み進めてください。

 

もしも収入が増えたら…

そんなあなたに一つ質問です!

 

「もしも、今の収入に加え、もう一つ収入が増えたらどうですか?」

 

例えば、月に5万円でも10万円でも増えたらどうでしょうか?

 

もちろん、それがあったら嬉しいですよね!

 

会社員が収入を上げる方法の一つに出世があります。今よりも上のポストに就けば、きっと給与は上がるでしょう。

 

しかし、この方法は自分だけではどうにもなりません。

上司や周りからの評価やポストの空き状況など自分以外の要因も関係してきます。

 

また、今は不景気です。

モノも売れない、業績も上がらない、元々不景気だったのにコロナによって、さらに不景気になりました。

 

こうなるとなかなか給与は増えません。

でも、収入を増やす方法が全くないというわけではありません。

 

収入の増やし方

今以上に収入を増やしたいのなら収入という「柱」をもう一つ増やせばいいのです。

収入には、給与所得や事業所得があります。(他にも配当や不動産などの所得もありますがここでは省略します)

 

給与所得とは、ご存知の通り、サラリーマンやアルバイトなどで会社から給料や賞与などの所得のことです。

事業所得とは、営んでいる事業で得た所得のことです。

 

収入の柱を増やすというのは、例えば

 

・給与(今の仕事)+ 給与(新たな仕事)

・給与(今の仕事)+ 事業(起業や複業)

 

などのように今の収入に加えて、他の所得を増やすことです。

 

今既に事業を営んでいる方であれば、

 

・事業(今の事業)+ 給与(新たな仕事)

・事業(今の事業)+ 事業(新規事業)

 

などと、他の所得を増やすことができれば収入の柱を増やすことができます。

 

私も複数の収入(給与所得・事業所得)を持っています。

 

・サッカースクール

・スポーツ指導者派遣

・コンサルタント

・セミナー、講演

・介護ヘルパー

 

などというように一つの収入・事業ではなく、複数の収入・事業を持っています。複数の収入・事業を持てるということは、自身のリスクマネジメントにもなります。

 

今回、明らかになったようにコロナによって、経済活動にダメージがあれば企業も大きな影響を受けます。そうなると、社員の給与にも影響を受け、最悪の場合、会社が倒産し、職を失う可能性もあります。

 

既に事業を営んでいる方も同じです。何か一つの事業に依存していたらもしもの時に収入が全く無くなります。

 

今回は、コロナという感染症でしたが、今度も同じような感染症かもしれませんし、地震や台風、洪水などの自然災害かもしれません。

 

そんなもしもの時にも、何か一つの収入や事業に依存していなければ、ひとまず安心することができます。

 

収入や事業が全くなくなる可能性は、少なくなるはずなので。

 

収入を上げるという目的以外にも、リスクマネジメントという観点からも収入の柱を新たに作るということは、とても重要なんです。

 

是非、あなたも今日お伝えした新たな事業を作るということを考えてみてくださいね!

本日も最後までありがとうございました!

スポーツという手段で独立・起業したい!というあなたへ

もしも今あなたが本気で、、、

・スポーツという手段で独立を果たしたい!

・将来的に今の仕事を辞めて、スポーツで起業して、生計を立てれるようになりたい!

などと考えているのなら今すぐにこのメール講座にご登録ください。

このメール講座では、あなたが理想とする状況であるスポーツという手段を活用して、全くの0から独立・起業するための方法をステップ式でお伝えしていきます。

↓↓↓

※ なお購読を辞めるは、メールに記載してあるリンクをクリックするだけで簡単にやめることが可能です。
おすすめの記事