特別価格の落とし穴

from:高柳 渉

 

お疲れ様です!高柳です。

 

本日は、あなたの商品やサービスをいくらで売ろうか悩んでいる方今度のキャンペーン価格を決めきれていない方の判断材料になるような内容をお伝えしていきたいと思います。

 

特別価格の掲示

個人的なお話になりますが、近々引っ越しをする予定です。そのため、次に住む予定の物件を決めて、引っ越しをするために何社かの引っ越し業者さんに費用の見積もりを出してもらいました。

 

引っ越し費用は、荷物の量によって、トラックの大きさが決まって、引っ越す日程や時間帯によって価格が決まるそうなんです。私は、妻と二人暮らしなので、どの業者もファミリーパックというプランで設定してもらいました。

 

私たちの荷物の量や引っ越す日付などだと費用の相場は、3万円後半~6万円前半ぐらいの価格相場になるそうです。

 

そして、どの業者も同じ条件で見積もりを出してもらい、どの引っ越し業者さんにお願いするか検討することになりました。

 

見積もり価格の比較

実際にその時、値引きなどされて出していた見積もり価格が

A社 22,000円

B社 39,100円

C社 55,000円

 

この価格を出していただきました。あなたは、この見積もり価格を見て、どう思いましたか?

ちなみに先程、お伝えしたように同じような条件の価格相場は、3万円後半~6万円前半です。

 

この見積もり価格を比較して、

 

「A社の価格がどこよりも一番安いんだから、A社で即決でしょ!」

「B社は、価格も真ん中で中途半端だな~」

「C社は、一番高いからやめておこうかな…」

 

などと思いませんでしたか?

 

私は、この3社の見積もり価格を見て、

 

「A社の価格、安すぎて怪しくない?」

「A社は、ちょっと頼むの不安なんだけど…。」

 

と思ってしまいました。実際にA社には、決めずB社にお願いすることにしました。

 

A社は、相場よりもかなり安い見積もり価格でした。もちろん、価格が安いことは、嬉しいことでもありますが、値引きされた理由の説明が特になく、少し疑問を抱いてしまいました。

 

他の業者さんも値引きはありましたが、何かしらの理由を説明してくれました。

 

例えば、

 

・インターネットからのお問い合わせだから。

・引っ越しする時間帯の指定がないから。

・今日中に決めてもらいたいから。

 

などと、「なぜ値引きできるのか?」という理由をしっかりと伝えてくれたのです。

 

確かに安く、家財を運んで引っ越しできることは良いことですが、不自然に安いと「大切な家財を丁寧に運んでもらえるのか?」「後々、何かプラス料金が発生するんじゃないか?」などとお客さん側は、とても不安になってしまいます。

 

お客さんはただ安ければいいわけではないんですね。きっとあなたもそうだと思います。

 

引っ越しであれば、

 

・大切な家財を壊さないように運んでもらい!

・思い出の品を丁寧に扱って欲しい!

・なるべく自分では運ぶことが難しい重い・大きい荷物を運んでもらいたい!

 

などと、約束を守ってもらいたいという気持ちもあるはずです。

 

あなたの商品やサービスの価格を決める時には、競合他社の相場を見たり、特別価格で販売するときは、秋の入会キャンペーンや新規開校キャンペーンなどとお客さんが納得のいく説明を必ず行いましょう。

 

そして、お金をいただく代わりにあなたがお客さんとどんな約束事をするのかを考えて、しっかりとお伝えしてくださいね!

 

それでは、今日の内容を参考に相場と価格の設定と説明を考えて、実践してみてください!

スポーツという手段で独立・起業したい!というあなたへ

もしも今あなたが本気で、、、

・スポーツという手段で独立を果たしたい!

・将来的に今の仕事を辞めて、スポーツで起業して、生計を立てれるようになりたい!

などと考えているのなら今すぐにこのメール講座にご登録ください。

このメール講座では、あなたが理想とする状況であるスポーツという手段を活用して、全くの0から独立・起業するための方法をステップ式でお伝えしていきます。

↓↓↓

※ なお購読を辞めるは、メールに記載してあるリンクをクリックするだけで簡単にやめることが可能です。
おすすめの記事